Substance dependence とは 薬物を摂取した場合 薬物の効果が薄れる薬物 耐性 が形成され 同量の摂取量では 離脱 時と同様の離脱症状と渇望を呈する等の診断基準を満たした 精神障害 である. 以上のような身体症状を示す 身体的依存 を含まない場合は 単に 薬物乱用 の状態である. 心屋仁之助 迷惑かけて嫌われるより […]